Galeシンポジウム2020 「デジタル人文学への誘い 第2回」開催のご案内-お申し込み方法追加

このたび小社では、シンポジウム「デジタル人文学への誘い 第2回」を開催する運びとなりました。小社は2018年12月、東京国際フォーラムにて「デジタル人文学への誘い」と題してシンポジウムを開催し、多数のご来場をいただきました。今回は、場所を大阪に移し、前回同様、デジタル人文学の第一人者による講演を通して、その最新動向に接していただき、デジタル人文学に関する理解を深めていただくことを目的としております。歴史資料をテキストマイニングする小社の専用プラットフォームGale Digital Scholar Labは、2018年のリリース以降、機能を進化しておりますが、このプラットフォームについても、併せて、ご紹介させていただきます。ご多忙中とは存じますが、お誘いあわせの上、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

【日時・会場】

 

日時:2020年1月25日(土) 12時30分~ 16時45分(12時開場、受付開始)

場所:大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪) 12階 特別会議場

参加費:無料

主催:センゲージラーニング株式会社 GALE 事業部

 

【プログラム】

 

基調講演 「人文学はどこに向かうのか?-デジタルがもたらす可能性と課題」

永崎研宣(一般財団法人 人文情報学研究所 主席研究員)

 

講演 「ズームイン・ズームアウト:デジタルヒューマニティーズとテクストの「読み」」

田畑智司(大阪大学大学院言語文化研究科 教授)

 

講演 「服装・身装文化デジタルアーカイブ:36年のあゆみと今後の課題」

高橋晴子(国立民族学博物館 学術資源研究開発センター 外来研究員)

 

講演 「デジタル人文学<3つの障害>とGale Digital Scholar Lab」

森澤正樹(センゲージラーニング株式会社Gale事業部シニア・プロダクト・マネジャー)

 

パネルディスカッション「日本におけるデジタル人文学の将来と課題」 質疑応答

永崎研宣、田畑智司、高橋晴子、森澤正樹

 

※講演とパネルディスカッションの演題は変更される場合があります。

 

【お申し込み方法】

参加ご希望の方には事前登録をお願いしております。

メールにて、件名に「シンポジウム参加希望」、本文に氏名、所属機関、ご連絡先をご記載の上、以下アドレス宛にお申込みください。

E-mail : GaleJapan@cengage.com

 

以下の申し込みフォームからお申し込みいただくこともできます。

https://info.cengage.com/DHJP2020

 

※お申込みは1 月24 日まで受け付けておりますが、定員に達した際は、期日前に受付を終了させていただく場合がございます。

 

シンポジウムのご案内(PDF版)

http://cengage.jp/web/upload/gale/Gale_Symposium2020_Digital_Humanities.pdf

短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia